「LINGO(リンゴ)」出会いアプリの口コミ・評価/評判・サクラをガチ検証!

リンゴアイコン画像

「LINGO(リンゴ)」危険!
高額偽出会いアプリに注意

アプリ名称:LINGO(リンゴ) 対応OS:iOS

リンゴTOP画像

LINGO(リンゴ)の概要

事業者 株式会社Virtue
所在地 東京都新宿区新宿5-10-10海老沢ビル202
運営責任者 飯田 沙織
E-Mail support@virtue-inc.com(平日 10:00~15:00)
対応OS iOS
役務の対価 ポイント消費制1pt=約10円 メッセージ送信1通=約250円
アプリ調査者ミッチーこのアプリを調査した人
ミッチー(32)
20代の後半、ふと新しい出会いがないことに気が付いて出会いアプリを使い始める。いろんなアプリを利用していくうちに、出会えるアプリがある一方、悪質なアプリの存在に気づき、その危険性を知らせるためにブログを開設。
【LINGO(リンゴ)の要注意ポイント!】
■大人のマッチングアプリと名乗っているが、実際には出会いの場を提供できないアプリである点
■サクラを使って男性ユーザーからの返信を促し、高額課金を狙った運営をしている点
■アプリの紹介文に「無料」の文字を多用しているが、有料の機能も多く、さらに高額である点

LINGO(リンゴ)の特徴・使い方

AppStoreより引用・抜粋

『LINGO』で必ず素敵な出会いが見つかる。
無料簡単登録で今すぐスタートできる出会い応援マッチングサービスアプリ!電話番号・アドレス入力不要!ニックネーム・匿名ではじめられるからプライバシーも守られて安心!
GPS機能対応だからすぐ近くの気になるお相手にお手軽アプローチ!メッセージ・写メ送信・タイプ・お気に入り登録。さまざまなアプローチが簡単に出来ちゃう!

「LINGO(リンゴ)」の機能は、掲示板と会員検索(リスト検索・画像検索・MAP検索)、1対1でのメッセージのやり取りとシンプルなものです。

ストアには「マッチング」という文字も見られましたが、このアプリにはマッチング機能はありません。

リンゴ掲示板

掲示板のカテゴリには、「メッセ友達」や、「今遊びたい」など、自分の希望する出会い方を書き込むことが可能となっていて、書き込み内容からやり取りをする相手を選ぶことができます。

LINGO(リンゴ)の料金体系

「LINGO(リンゴ)」の料金表は以下の通りです。

メニュー 消費ポイント
メッセージを送る 25pt
定型メッセージを送る 10pt
メッセージで画像を送る 25pt
メッセージで画像を見る 5pt
プロフィール写真を見る 3pt
掲示板に投稿する 25pt
掲示板投稿画像を見る 3pt

ストアでの購入単位と金額は以下の通りです。

購入単位 金額 1ptあたりの金額
120ポイント 1220円 10.1円
370ポイント 3680円 9.9円
630ポイント 6100円 9.6円
1298ポイント 12000円 9.2円
2852ポイント 25400円 8.9円

リンゴの料金1

リンゴの料金2

「LINGO(リンゴ)」はポイント消費制で、基本レートは1pt=約10円です。このアプリはストアで「無料」という表記をたくさんしていますが、出会いアプリで重要な機能はすべて有料です。

さらに、メッセージの送信は1通=25pt(250円)と非常に高額に設定されています。

登録時に100ptほど付与がありますが、メッセージ送信だけで考えてもたった4通分です。さらにプロフィール写真を見るにもポイントを消費するので、実際には4通もメッセージは送れないでしょう。

リンゴログインボーナス

毎日ログインすればログインボーナスの抽選が受けられますが、有効期限が当日限りとなっている為、こつこつポイントを貯めて利用することもできません。

どの機能もかなりポイントを消費する設定となっているので、すぐに課金が必要になるアプリだとわかります。また、少額の課金ではすぐにポイントがなくなってしまいますね。

LINGO(リンゴ)の運営会社

次に、「LINGO(リンゴ)」の運営会社についてチェックしてみましょう。

リンゴ運営会社1

リンゴ運営会社2

「LINGO(リンゴ)」の特商法表記をチェックしてみたところ、事業者名と所在地、運営責任者ははっきりと表記されていました。

しかし、連絡先はメールアドレスのみとなっていて、サポートの対応時間も短めです。

有料のアプリであるにもかかわらず、電話での問い合わせを受け付けていないのはサポート体制としては不十分に感じます。また、メールの対応時間としては短すぎる印象ですね。

LINGO(リンゴ)が危険なアプリである理由

それでは「LINGO(リンゴ)」が危険なアプリと言える理由について説明していきましょう。

LINGO(リンゴ)は出会いアプリではない

「LINGO(リンゴ)」はストアで「LINGOで今日の出会い – 大人気!大人の無料マッチングSNSアプリ」と表記しており、利用者は出会いアプリだと思って登録しているものと考えられます。

しかし、実際にはこのアプリは出会いの場を提供できるアプリではありません。本来、出会いアプリは「出会い系サイト規制法」で定められた運営条件を満たした「インターネット異性紹介事業者」にしか運営することはできません。

「出会い系サイト規制法」は、18歳未満の児童が出会いアプリに登録し、利用することで出会いに起因した性犯罪に巻き込まれるのを未然に防ぐことを目的としています。

そのため、登録時や利用前に、ユーザーに身分証の提示を求め、確実に18歳以上であることを確認する義務があります。

しかし、このアプリにはそのような手続きを行わないため、「インターネット異性紹介事業者」と認められないことから、出会いアプリではないとわかります。

リンゴ利用規約1

そのような違法な出会いアプリであるため、規約上は出会いや異性交際を禁止すると記載し、言い逃れをしながら運営をしています。

また、年齢を正確に確認していないということは、年齢を偽って登録した18歳未満の児童との接触の可能性もある非常に危険なアプリだと考えられます。

LINGO(リンゴ)はサクラを使った運営をしている

「LINGO(リンゴ)」に登録すると、男性会員にはほぼ自動的にたくさんのメッセージが届きます。

私はこのアプリのプロフィールに顔写真を設定していません。また、メッセージもほんの一言しか記入していないので、特に女性の目にとまるような会員ではないでしょう。

それでも、一日に何人かの女性からは必ずメッセージが届きます。ログインをしていない日でも届き続けていました。

これは、サクラ会員が新規登録の男性会員を狙ってメッセージを送信しているもので、メッセージに返信をさせ、登録時の付与ポイントを消費させ、追加購入させるためのメッセージです。

返信をしてやり取りを開始しても、だらだらと世間話をつづけるばかりで、出会いには発展しません。仮に待ち合わせが成立したように感じても、当日そこへは誰も現れません。

たくさんのお誘いメッセージに舞い上がり、課金をしてまで会話を続けないように注意が必要です。

LINGO(リンゴ)は無料アプリではなく高額料金設定

先ほども書きましたが「LINGO(リンゴ)」は無料で利用できるアプリではありません。登録と一部の機能は無料ですが、そこを大きく謳っているに過ぎないのです。

一般的な本来の優良出会いアプリの相場は、メッセージ送信1通=50円程度と言われています。しかし、このアプリでは1通=250円と、その5倍もの料金設定となっています。

このように法外に高い料金設定をしているにもかかわらず、「無料」という表記を多用している点や、平気で相場の何倍もの価格で運営しているというだけでも、危険なアプリだとわかりますね。

LINGO(リンゴ)のサクラ会員

それでは実際に「LINGO(リンゴ)」に登録し、私宛に届いたメッセージを見ていきましょう。

リンゴメッセージ1

リンゴメッセージ2

まずこのように、連続したメッセージが届くというのは、サクラ会員である可能性が非常に高いです。

メッセージの送信はポイントの消費が多く、それほど気軽に送れるとは思えません。それなのに返信しない相手に立て続けにメッセージを送信するのは不自然ですよね。

さらに、このアプリで画像を送信するには、メッセージと同様に25ptも消費します。まだ会話も成立していない相手に画像を送るというのはまず考えられません。

リンゴメッセージ3

この会員は会話が成立していないうちから、「会いに行ってもいいかな?」と質問してきました。このように初めから会うことを前提としているメッセージも非常に多く見られました。

サクラは男性会員からの返信を促すのが仕事です。そのため、反応がない会員に対してなんとかして返信させようと必死にアプローチを続けます。

その結果、メッセージが連続したり、どんどんと過激な内容になっていきます。即会いや即エッチなど、男性に都合の良い話ばかりを持ち掛けてくるのはすべてサクラだと判断しましょう。

さらに、手持ちのポイントが少なくなっていることをサクラは把握しています。そのタイミングを狙って質問形式のメッセージを送信したり、連絡先交換を持ちかけるなど、ポイントの追加購入を常に狙っています。

少額であれば、一度だけならとポイントを購入してしまいそうになるかもしれませんが、一度でも課金をすれば、サクラのカモにされてしまい、同じような手口で何度も購入させられることになるので注意が必要です。

LINGO(リンゴ)の評価・口コミ

次に「LINGO(リンゴ)」を利用したユーザーの評価や口コミについて調べてみましょう。AppStoreでの評価・レビューは以下の通りです。

リンゴの評価

平均評価は4.2と非常に高評価でした。レビューの件数はそれほど多くありませんが、高評価と低評価にはっきりと二分している点が気になります。

それでは実際のレビューを見てみましょう。

【高評価のレビュー】
初めて、直ぐに沢山の女性からのアクセスで大変です
選びきれない程。同時に何人かの人とやり取りで皆綺麗・可愛いで一人を選ぶなんて中々出来ない。
私は欲張り?このアプリ・サイト最高!

【高評価のレビュー】
始めた頃はあまりアクセスありませんでしたが、少しずつメールが来るようになりました。
初対面の男性にエ⚪︎○したいとか、狂うセ⚪︎○スしたいなどメール刺激的ですね。

余り極端 唐突だと信じられないこともありますが、こちらも割りきって利用しています。

【低評価のレビュー】
サクラから沢山メールが来るので、暇つぶしにはいいかも。
もちろんポイント買わされることになるので、少々のお金は平気ならの話ですが、楽しいのでは。AppSTOREでのレビュー評価が異常に高いですが、これは三つ星以上のレビューを書けば、ポイントプレゼントがあるからです。三つ星以上のレビューでも内容がネガティヴだとポイント対象外とか(笑)なかなか笑える話です。時間と金に余裕がある、出会いを求めていない方にはオススメします!
【低評価のレビュー】
登録した瞬間からめっちゃ可愛い子から何件もメッセージ来て、とにかくメッセージの返信にポイントを使わせようとしてる、よくあるサクラの手口。まじでくだらないので、みなさん使用しない方がいいと思います。
お金の無駄。

高評価レビューにはサクラからのメッセージに舞い上がり、やり取りが楽しいと感じているユーザーが見られました。高額メッセージのやりとりで満足している人もいるかもしれませんが、サクラのカモにされているようで非常に残念です。

低評価レビューではやはり、サクラ被害に遭ったユーザーからの声が多数あがっていました。早い段階で気が付いて利用をやめたという声もあるので、サクラの手口があまりにも単純だったとわかります。

レビューの中には高評価を付ければポイントプレゼントがあるという書き込みもみられ、やはり平均評価の高さの裏には運営側の意図的な操作があることがわかりました。

LINGO(リンゴ)で特に注意すべきこと

「LINGO(リンゴ)」はサクラを使って男性会員からの返信を促し、高額料金設定で運営する悪質アプリです。以下に特に注意すべき点を再度まとめていきます。

出会いアプリではない点に注意

「LINGO(リンゴ)」は「出会い系サイト規制法」で定められた運営条件を満たした「インターネット異性紹介事業者」ではないため、出会いの場を提供できるアプリではありません。

しかし、ストアでは「出会い」や「マッチング」を大きく謳って会員を獲得しています。さらに、無料登録は非常に簡単で「年齢確認」もなく、誰でもすぐに利用が可能となっています。

リンゴ規約2

そのため、アプリ内で提供される情報の正確性、確実性は保証しないとしていて、アプリの利用に関してはすべてユーザーの自己責任です。

これは18歳未満の児童がアプリないに紛れ込まないようにする、「インターネット異性紹介事業者」の義務を果たしていないことへの言い逃れにすぎません。このような危険なアプリで出会いを探すことは絶対にNGです。

サクラからのメッセージに注意

「LINGO(リンゴ)」はサクラ会員を多数配置し、男性会員へメッセージを送信しています。これは、男性会員の手持ちのポイントを消費させ、追加購入を狙った運営と言えます。

サクラ会員はあの手この手で男性に都合のよい内容ばかりを送信してきます。しかし、どれだけやり取りをしても決して会えることはありません。

実際に待ち合わせをしたり、連絡先の交換というような具体的な内容のメッセージも含まれますが、結果的に待ち合わせには誰も現れず、連絡先も利用できないものばかりです。

そうすることでさらにアプリ内でのやり取りが続くことになってしまい、ポイント消費と追加購入の無限ループに陥ってしまいます。

都合の良いことばかりを送信してくる女性会員はすべてサクラと考え、絶対に相手にしないことが賢明です。

高額な利用料金に注意

「LINGO(リンゴ)」の利用料金は、安心して利用できる老舗の出会いアプリの5倍もの高額設定となっていました。

登録無料を全面に押し出して会員を獲得し、実際には非常に高額な料金設定でサクラとやり取りをさせて収益をあげるという、非常に悪質な運営方法です。

詳細な料金案内は登録後にしか確認することはできませんが、登録無料のアプリでも利用前に必ず料金案内や利用規約をチェックすることが重要です。

LINGO(リンゴ)総評

「LINGO(リンゴ)」は本来の出会いアプリではなく、さらに非常に高額な料金設定でサクラ運営をしている悪質アプリです。

「LINGO(リンゴ)」のように、本来出会いの場を提供できない事業主が出会いアプリを装って高額なサービスを提供している危険なアプリをえらばず、正しく運営されている老舗の出会いアプリを選べば、安心で確実な出会いが待っています。

信頼と安心の実績19年!Jメールで安全な出会い

Jメール

会員数600万人以上!超老舗アプリなら安全に出会える。

Jメールは、19年もの長きにわたり、出会い業界を席巻してきた「ミントC!グループ」が運営するマッチングアプリです。

常にクリーンな運営を目指しているので、サクラや業者に一切邪魔されることなく、安心・安全に出会いを探すことができます。

会員数の多さもさることながら、ゲームや占いなど、常に新しいコンテンツが発表されているので、アプリを使う楽しみがあるのも魅力のひとつですね。

Hな大人の出会い~真面目な恋活・婚活まで、希望の相手が見つけやすいです。信頼度No.1のJメールなら、出会い系初心者にも安心してオススメできます。

Jメール

appstore

googleplay

アダルトメニューありWeb版


ご近所でお相手探しならワクワクメールがおすすめ

ワクワク

運営実績は安心の18年!地域密着型老舗サイト

ワクワクメールは、身近な地域での出会いが探せるサイトとして長年愛されています。街頭広告や女性誌への出稿を続けることで、女性からの絶大な信頼を得ているところが出会える秘訣といえるでしょう。

毎日1600人もの新規登録者を常に獲得し続けている優良サイトなので、出会い系初心者の人でも、安心して出会いを探せるのが魅力ですね。

全国各地のユーザーが登録しているので、ご近所のお相手が見つけられるのが特徴です。友達探しから、大人の関係まで、理想の出会いが見つかりますよ。

appstore

googleplay

アダルトメニューありWeb版


日本最大級!ハッピーメールで理想の出会いを

ハッピーメール

20年の実績、出会い系最大級の超実力派サイト

ハッピーメールの実力はその会員数の多さにあります。常に新規会員を獲得し続け、累計登録数2000万という日本最大級の会員数を誇る大型マッチングアプリです。

街頭広告や雑誌広告などに掲載されていることから、都心部だけでなく、地方在住の会員も多く、誰でもすぐに会えるお相手を探すことが可能です。

フリーメールでも登録でき、個人情報を晒すことなく利用できるのも魅力のひとつで、個人情報を守りながら、理想の結婚相手や恋人探しができる、オススメのマッチングアプリです。

appstore

googleplay

アダルトメニューありWeb版


長年の実績で安心、ASOBOで気軽な出会いを

ASOBO

シンプルな操作性、しかしその内容は充実

2001年のオープンから、クリーンで安全な運営を続けてきたASOBOは、根強い人気があります。サクラがいないだけでなく、ユーザーの登録情報の流出、迷惑メールなどの被害は一切なしの優良アプリです。

サポート体制も万全、ユーザーに優しいフリーダイヤルでの問い合わせ対応で、幅広い年齢層に支持され続けています。

豊富なユーザー層と、操作性のよいシンプルなメインメニューが、とても使い心地がよく、毎日使いたくなるオススメのアプリです。

ASOBO

appstore

googleplay